明朝体名刺

スタンダード名刺 > 【書体で選ぶ】明朝体
活字として彫刻するために、基本となる楷書の諸要素を単純化したものが定着しています。縦画と横画はそれぞれ垂直・平行で、おおむね縦画は太く、横画は細くなります。しかし「亡」や「戈」に見られる緩やかな転折では、どちらもほぼ同じ太さになり、横画の始めの打込みや終りのウロコ、縦画のはね、また左右の払いなどに楷書の特徴を残しています。
明朝体名刺デザイン見本